お茶作りと農薬

安全安心なお茶作りをしようと思うなら、農薬を使用しないに越したことはありません。

お茶作りと農薬


安全安心なお茶作りをしようと思うなら、農薬を使用しないに越したことはありません。

しかし、土がよくなかったり手入れが不十分だったりすると、お茶が健康に育たないことも多く、中には病害虫が発生しやすい品種もあります。

そんな時には農薬で対処するのがよいでしょう。

農薬は、駆除効果が高く、人間の体に悪影響を与えると考えている方が多いのではないでしょうか。

口に入るお茶に薬を施すのは抵抗を感じることもあるでしょう。

しかし、適切な使用法を守れば心配することはありません。

なにもせずにいるよりも豊かな実りが期待できます。

また、お茶作りでは被害を広めないのも大切です。

農薬を使うことで病原菌が回りの茶葉に伝染するのを防ぎ、生長を促してくれます。

農薬の使い方ですが、農薬にはいろいろな種類があります。

病気や虫の種類によってどの農薬を使うか決めましょう。

液体と固体の農薬があり、液体のものは水で薄めて薬剤散布用噴霧器やハンドスプレーを使って噴霧します。

撒き方は、風のない日を選んで、風下から風上に向かって撒きます。

農薬が自分の皮膚に付かないように、長袖の服やマスクで完全防備するよう注意します。

そして固形の粒剤は、葉や茎に直接触れないように、株から少し離して撒きましょう。

薬の効果はおよそ7日間です。

病害虫が付きやすいお茶は、定期的に薬を撒いていきます。

最近ではネットで農薬通販をしているサイトもあります。

お茶作りに役立つ農薬は、用法・用量を正しく守り、お茶の種類併せて適切な薬を選びましょう。

関連記事


国産茶葉のお気に入り

お茶を趣味としている方も多いのではないでしょうか。 お茶の種類も多々ありますが、お茶にはリラックス効果がありますので、ホルモンバランスを整えるためにも利用でき...


AX